小林賢太郎演劇作品『うるう』を観に行ってきた。

2012.01.29 Sun

小林賢太郎演劇作品『うるう』を観に行ってきました。
小林賢太郎プロデュース公演、通称「K.K.P」の8作目になる今作品。

もともと「ラーメンズ」というお笑いコンビを知ったのをきっかけに小林賢太郎さんを知り、2010年ソロコントプロジェクトである「POTSUNEN -ポツネン-」を初めて観に行ったのです。それから彼の笑いのセンスや面白さに惹かれて、尊敬する人物の一人になりました。

ということで小林賢太郎の公演は必ず観に行きたいと思うようになり、今回観に行ってきました。

今年がうるう年ということにちなんだ今作品『うるう』。
世界でたったひとりの余った人間「うるうびと」の物語。

お芝居、言葉遊び、演出、歌(?)。どれをとっても素敵でした。とっても面白かったです。POTSUNENとはまた違った面白さでしたね。

やはり生で観ると素の演技がたまに観れるのが良いですね。緊張感というのもありますが。
この日は名古屋公演の千秋楽だったせいか、かなりはしゃいでいました。

小林賢太郎さん、素敵なパフォーマーです。
また公演があるときは必ず観に行きます。