WebサイトのURLに「www」を付けるか付けないかを統一する。

2011.05.19 Thu

WebサイトのURLに「www」が付いていたり、付いていなかったりというのをよく目にします。一体、何が違うのだろうか。
ずっと知らないふりをしてましたが、ちょっとこれからのことを考えると知っておいたほうが良いと思って調べてみました。

「www」って何?

そもそも「www」とは、World Wide Webの略称でサーバーのホスト名を示しています。またサブドメインと呼ばれているものです。

「www」をホスト名に設定しなければならないという決まりはないので、WebサイトのURLに「www」が付いていたり、付いていなかったりということが起きます。

でも、両方が混在すると検索エンジンやソーシャルブックマークなどで別々のWebサイトとして認識されてしまいます。これは何とかしないといけません。

URLを統一させる。

URLに「www」を付けるのか、付けないのかを設定する方法があります。
Webサーバーの動作を制御する.htaccessファイルに下記のコードを記入することによってできます。

「www」を付ける

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^dakkie\.com
RewriteRule (.*) http://www.dakkie.com/$1 [R=301,L]

「www」を付けない

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.dakkie\.com
RewriteRule (.*) http://dakkie.com/$1 [R=301,L]

「dakkie.com」の部分は自分のドメインに変更してください。

「www」を付けても付けなくてもSEO的に違いはありませんが、どちらかに統一させるのはしておいたほうが良いと思います。


no comments

leave a comment




comment